おしらせ

殿崎 薫さんが栄転しました

ながらく木下研究室を支えてくれていた特任教授の殿崎 薫さんが、この度、岩手大学農学部の助教として異動することになりました。岩手大学でも活躍されることを祈念しております。
また、今後も共同研究者として密接に関わっていくと思われます。よろしくお願いします。

 

特任助教の殿崎 薫さんが日本育種学会優秀発表賞を受賞

殿崎 薫特任助教が、9月6日(金)~9月8日(日)に近畿大学奈良キャンパス(奈良県奈良市)にて開催された2019年日本育種学会秋季大会「第136回講演会」で日本育種学会優秀発表賞を受賞しました。発表演題は「イネ種間雑種胚乳におけるインプリントーム解析」です。詳細はこちらをご覧ください。


https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/2019/191209_satou_nao_tonosaki_kaoru.html

 

木下教授の解説記事がNature Plants誌に掲載

木下教授が「植物の種の障壁と父性インプリント遺伝子の関係 」について “News and Views” のコーナーに執筆、掲載されました。

掲載誌『Nature Plants』
https://www.nature.com/articles/s41477-018-0179-9
Kinoshita T. A parental tug-of-war. Nat Plants. 2018 Jun;4(6):329-330. doi:10.1038/s41477-018-0179-9.